Black Peaks

見上げても黒い頂上はいつも見えない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の海、春の足音。

レンズ
FUJIFILM X-M1, Carl Zeiss Jena DDR Flektogon 2.4/35
新しいおもちゃは男の子をいつもわくわくさせる。
どんな風になるのだろう?
どう楽しめるのだろう?、と。



海岸1
FUJIFILM X-M1, Carl Zeiss Jena DDR Flektogon 2.4/35
冬の海は寂しく冷たい。
けれど弱々しくも明るい日差しが少しだけ前を向かせてくれる。



海岸2
FUJIFILM X-M1, Carl Zeiss Jena DDR Flektogon 2.4/35
いつまでも、そこにあると思うことが間違いなのだろう。
いつか朽ちるし、いつか倒れるし、いつか離れる。



boy
FUJIFILM X-M1, Carl Zeiss Jena DDR Flektogon 2.4/35
この子たちが入学する時、僕はほとんど無職だった。
先の見えない不安、今までを否定されたような思い。
けれど、あれから丸4年。



海岸3
FUJIFILM X-M1, Carl Zeiss Jena DDR Flektogon 2.4/35
家族の支え、周囲の方々の熱い助けによりどうにかここまでやれてきた。
感謝を忘れてはいけない。
そして何よりこれからも地に足をつけて進むことが恩返しになると信じて。



海岸沿い
FUJIFILM X-M1, Carl Zeiss Jena DDR Flektogon 2.4/35
この季節になるとあの頃を思い出す。
あの時もこんな空を見上げてたはずなのに僕の中では色はない。
けれど今見える空は青い。
今見えているこの青さが僕を前に進める。
春はもうすぐ。



kids
FUJIFILM X-M1, Carl Zeiss Jena DDR Flektogon 2.4/35
この子たちがずっと笑えるように。
そして何より僕も、僕と関わる方々も笑顔になるように。

笑っていこう。
進んでいこう。
これからもずっと。





関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。