Black Peaks

見上げても黒い頂上はいつも見えない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜を食べた夢

Twitterで久々に楽しいやり取りでした。


Twitterで短歌を詠んでいます。
あ、いいなあという歌を詠まれる方が何人かいらっしゃるのですが、そのうちの一人、@miku_さんと先日返歌の応酬で楽しませてもらいました。
そのログは以下に。
@miku_さんは文字色赤、僕は文字色青で。


応酬の前振りとしてmiku_さんのPOSTに僕がリプライを返します。

miku_ 15:40 Fri 14 May
 そしてなんか掌が生臭い。もういいや。なんか食べてふて寝しよ。桜の夢を見てやるんだ。
miku_ 15:51 Fri 14 May
 はっ。なんか食べて眠ろうと決めたんだった。すぐ忘れる。なんてばかなんだろう。はやく寝ろ!

show_shout 16:04 Fri 14 May
 @miku_ 良い桜の夢を~



そして。
夜になりmiku_さんが僕にリプライします。
miku_ 02:25 Sat 15 May
 @show_shout 桜食べた夢ですたー。毎年、咲きはじめの新鮮そうな花びらを食むのですが…。今年はもうフレッシュさに欠けて、無理かしら…



このPOSTが微笑ましいというか、桜の花びらを食むというのにピンときて歌で返事をPOSTします。
すると機転のきく歌詠いのmiku_さんも返歌をしてくれて応酬が始まります。
(双方への@と、ハッシュタグ #tanka #jtankaは略)


show_shout 02:33 Sat 15 May
 薄桃の絹に包まれ君は立ち 舞う花びらにひとひら食みて

miku_ 02:37 Sat 15 May
 花びらを食めば氷の鍵は溶け 君を繋いだ楔は錆びて

show_shout 02:43 Sat 15 May
 溶けし鍵君追えしとて姿なし優しく舞うは花びらひとつ

miku_ 02:46 Sat 15 May
 仮の世の姿はひとに限らない その花びらを手に乗せてみて

show_shout 02:52 Sat 15 May
 手に乗せしまだあたたかき花びらと我が魂を神よ替えらむ

miku_ 02:55 Sat 15 May
 「そうだなあ替えてあげてもいいけれど もっとマシなの拾ってきたらw」

show_shout 03:01 Sat 15 May
 「いやだ。この花びらじゃなきゃだめなんだ。夜しか逢えない愛しいひとさ。」

miku_ 03:07 Sat 15 May
 「我が儘は言うんじゃないの夜ならば何時でも逢える花びらだから」もう短歌から遠く離れすぎているw
show_shout 03:10 Sat 15 May
 あは、怒られちゃったw



カギカッコ付きでしかも口語でリプライが来た時にはどうしようかと(笑
普段はエセ文語チックな歌をつぶやく僕にはチャレンジでした(笑


少し前なら(というかTwitterがなければ)こんな風にリアルタイムで(昔風ならチャット?)やりとりするのは難しかったはず。
ああ、近いのはメッセがありましたね。
けれどログも残るし、ハッシュタグをつけておけば検索も容易になるしでTwitterの利便性は飛びぬけてますね。


ログはTwilogでも見られますが、今回は心に残る「桜の花びら」だったのであえてブログの方でも。


予想通りgdgdな返歌しか出来なかったのですが夜半過ぎの歌の応酬は久々に楽しい夜でした。
お付き合い頂いたmiku_さんに感謝!



関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。